読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kawakeikun’s diary

偉人のことわざ、格言を学習していきます。

日南市飫肥・大手門前で

娘夫婦、妻と1泊2日の宮崎旅行に訪れました。日南市の飫肥城鵜戸神宮を主に観光。飫肥は城内もさることながら、周辺の町並みまで見事に保存されていて立派ですね。趣があり、また来てじっくり散策したいと思いました。宮崎県外での認知度が高くないのがもったいないほどです。


驚いたのは、どの観光地も歩くことすら大変なほどクル-ズ船で訪れた外国人観光客でいっぱいな点。にぎわうのは良いことです。
ただ、側溝にごみをポイ捨てする姿が目に付いたのは残念でした。そんな中でも観光地がきれいに保たれているのだから感心です。大勢の外国人観光客に対して、中国語や英語で観光地の見どころや日本のマナーを紹介する掲示物が充実すると良いと思います。
(大分市・会社員     猿渡     廣司さん)

偉人の学習

ウィリアム・シェイクスピア(1564年~1616年
英国の劇作家、詩人。英国ルネサンス演劇を代表する人物。

シェイクスピアの英語の名言へ

シェイクスピアの父は皮手袋商人で市会議員、母はジェントルマンの娘であり、裕福な家庭環境に育つ。18歳で26歳の女性と結婚。その後、ロンドンへ進出し、演劇の世界に身を置くようになる。俳優として活動するかたわら次第に脚本を書くようになり、名声を得たシェイクスピアは多くの戯曲を執筆。その卓越した人間の心理描写により、最も優れた英文学の作家と言われる。

摂生(せっせい)は幼いときから

庭に草木を植えて、いつも注意して育てている人は、草木の成長を見て楽しみ、枯れ衰えていくのを悲しむ。


植物が枯れ衰えていくのは悲しいものだし、自分の体が衰弱するのはもっと悲しい。しかし自分の体を衰弱しないように心がけない人がいる。なんて愚かなことであろうか。


自分の体を守り長生きをしたいのなら、幼い頃より健康を保ち続ける方法を学び実践することが大切である。


ー続くー。

台風の予報円、精度向上

◆ピンポイント防災期待
今季から20~40%縮小

台風の進路を予測する「予報円」のサイズが今シ-ズンから20~40%小さくなる。
気象衛星ひまわり8号の最新鋭機器による観測やプログラムの改良で精度が向上した。

気象庁は「危険な地域が絞られピンポイントで防災が可能になる」と期待している。

予報円は台風の中心が70%の確率で到達すると予想される範囲。24時間刻みで最大5日先までを示している。

昨年から運用を始めたひまわり8号は最新鋭の赤外線カメラなどを使って太平洋上の雨雲や風の動きを観測している。

8号のデ-タを分析するス-パ-コンプュ-タ-の予報プログラムも改良が進み、予報円(48時間)と実際の進路の年間平均誤差は2010年の206㌔から15年は119㌔に改善した。


今年は、ペルー沖の海面水温が高くなるエルニーニョ現象終息の影響で台風がまだ発生していない。新しい予報円の適用は1号からとなる。